プロフィール

はじめまして、「おはぎ」といいます!

四国の田舎町に住む、30歳の専業主婦です。

転勤族の夫と1歳の娘と3人暮らしをしています。

「おはぎ」という名前は、花の「萩」から取りました。

萩の花の、花言葉 “柔軟な精神”が気に入ったのが理由です。

頭文字の「お」は、なんとなくつけました。

このブログ「ゆとりアラウンド」について

「ゆとりアラウンド」のゆとりは、わたし自身がゆとり世代であること

アラウンドは引っ越し(=move around)を繰り返す転勤族であることをもじってつけました。

このブログでは、

  • 転勤族ならではの悩みや物選びの基準
  • 育児や家事の便利グッズのレビュー
    ママのための時短美容や忙しいママでも続けられる手帳術

について綴ります。

ブログを始めた理由

①転勤族仲間が欲しい!情報が欲しい!

わたしは、転勤族の夫についていき、東京→鳥取→四国(現在)と1〜2年のサイクルで転々としています。

夫と二人の時は、転勤を長めの旅行のように感じていていたものです。

「今度の週末はあそこのパン屋さんに行ってみよう!」とか「ちょっと遠出して買い物行こう」なんて結構楽しんでいました。

ですが、娘が生まれてからは「転勤族であること」にとても不安を感じるようになりました。

慣れない土地で娘と2人っきりでいる時間が長くなると、

「保育園や幼稚園はどうしたらいいんだろう」

「わたしはいつから働きに出られるの?そもそも働くなんて無理なのかな?」

「家はどうしよう?このままずっと賃貸でいいのかな?」

などとにかく心配や不安が尽きませんでした。

そして、「ほかの転勤族の人たちはどういう暮らしをしているんだろう」と気になるようになりました。

と、同時に「こんなわたしの体験でも、もしかしたら誰かにとって役に立つのかもしれない」と思いブログを書こうと決めました。

②本当に知りたいのは誰かのリアルな体験

転勤についても、育児についても何か不安があるとすぐにインターネットで調べるのですが、大体行き着く先は理想論。

本当に知りたいことにはなかなかたどり着けないなあ、と感じてきました。

例えば、夜泣き絶頂期に辛くなって夜間断乳をしよう!と思い、インターネットで検索したときのこと。

検索して最初に出てきたサイトには「3日頑張れば子供が寝るようになった!」とあったので信じて頑張ったわたし。

でも、うちの子の場合、ある程度寝るようになるまで3日ではなく2週間もかかりました(笑)

なんなら、今でも(1歳8ヶ月)夜はちょこちょこ起きます。

こういうリアルな体験を発信することで、今悩んでいる人の力になれるかもしれない!と思ったのがきっかけでブログを書いています。

わたし自身のこと。

わたしのことをよく表しているのは、自分自身でつぶやいたこのツイートかなと思うので載せます。

本当にこの通りで、転勤族であることが飽き性のわたしを救っていると同時に、ただ単に人生の大事な選択を後回しにしているだけの勇気のない人間です。

そう言うとマイナスにしか聞こえないかもしれませんが、『人生の大事な選択』(たとえば家を建てるとか、親の介護をどうするかとか)についてゆっくり吟味する時間をもらっている、と前向きに捉えることもあります。

こんな感じで、転勤族であることの良さや悩みも両方抱えて生活しています。

そういうモヤモヤをこのブログで吐き出したいと思っています。

わたしの趣味など

趣味は、音楽鑑賞・手帳・読書です!

音楽は邦楽ロックをよく聞いていて、子供ができるまでは夏フェスやライブも行っていましたが、今は娘が寝た後にYouTubeでいろんな曲を漁ることが楽しみです。

手帳はほぼ日weeksで自分の体調管理、ほぼ日オリジナルで育児日記をつけています。

手帳の使い方についても記事にできたらなあと思っています。

読書は今はたまにしかできていないのですが、現実逃避のつもりで小説やエッセイを読みます。

育児で旅行などもあまり行けないので、旅モノの小説などをよく読んでいます(笑)

わたしの略歴

わたしの実家は転勤族とは縁のない家庭でしたので、大学進学を機に初めて故郷を離れました。

進学先は県外の地方国立大学。

家庭の事情で私立大学のすべり止めは受けられなかったため、何が何でも国立に進学しないといけないという切羽詰まった状況に。

受験勉強で力尽きてしまったわたしは、大学では進級に困らない程度にしか勉強をしませんでした。

そして中身が空っぽのまま、就活に挑みましたが惨敗。

タイミング的にもリーマンショックのあおりを受けて、就職氷河期と言われる時期でした。

せっかく国立大学に進学したのに、就職先が見つからないまま故郷に戻りました。

このことはわたしの中でかなりコンプレックスとして残っています。

その後アルバイトを1年して、地元の金融機関で正職員として2年半働きます。

4年間の遠距離恋愛を経て転勤族の夫と結婚。

地元→東京→鳥取→四国へ移住します。東京、鳥取ではパート勤めをしました。

その後28歳で娘を出産し、生後半年の娘を連れて四国へ移住。専業主婦になりました。

おわりに

わたしは少し文章を書くのが好きなふつーの主婦です。

でも、育児や日々の暮らしについては嘘偽りなく本音で書けます。

わたしの書いた記事が誰かの役に立つ日が来たら、とても嬉しいですし、それを目標に頑張っていきたいです。