育児

【0〜1歳向け】子連れ外食を少しでも楽に!本当に役に立ったグッズ3選!

【0〜1歳向け】子連れ外食を少しでも楽に!本当に役に立ったグッズ3選!
現在、四国の田舎町に住んでいる私にとっての楽しみは 外食!
近くに遊ぶ場所がないため、外食が息抜きになっています。

ですが、
1歳の娘と外食に行くのは大変です。
食べ物や飲み物はこぼすし、テーブルの上の物を取ろうとしたり、
『早く食べさせろー!』と要求してきたり。

それでも、
ご飯の準備・片付けもしなくていいし、
たまには自分以外の人が作ったおいしいものを食べたい!
と、思うんです(涙)

そこで今日は、
私が娘との外食で使用して
外食するのが少し楽になったな〜と感じた便利グッズ3つを紹介します!

娘が生後6ヶ月頃〜現在(1歳10ヶ月)までに活躍したアイテムたちです。

子連れ外食が楽になる便利グッズ3選!

①キャリフリー チェアベルト

飲食店には子供用の椅子が置いてあることが多いですよね。
その椅子がベルトやガードが付いているものだと安心ですが、
そうではない場合にもよく遭遇します。

f:id:hagichang:20190402225619j:plain
左の椅子だと1人でおすわりさせても安心だけど、
右の椅子だとベルトもガードもないため、おすわりが安定していない時期は落下の心配がありますよね。

また、子供用の椅子がないお店に遭遇する場合もあります。
そんな時に重宝したのが
キャリフリー チェアベルトです!

f:id:hagichang:20190402122849j:plain
>>Amazonより画像引用<<

娘が生後6ヶ月頃から1歳すぎの
まだ1人でおすわりさせるのは不安な時期に使っていました!

1歳半くらいになるとしっかり座れて、
落下の心配も少なくなったので出番は少なくなりましたが3歳まで使えます。

オススメポイント2つ

おすすめポイント2つ

  • ①超軽量&かさばらないので持ち運び便利
  • ②抱っこする際の補助にもなる

おすすめポイントについて説明しますね。

①超軽量&かさばらないので持ち運び便利

重さ105gと超軽量&かさばらないので、
持ち運びするのが苦になりません。

わたしもいつもママバッグに入れていました(ちなみに105gって大体PCのマウスくらいです)

折り畳むとこんな感じ。

f:id:hagichang:20190401233133j:plain
リモコンと比較

旅行にも持って行きやすいですよ〜!

②抱っこする際の補助にもなる

f:id:hagichang:20190308221437j:plain
>>Amazonより画像引用<<

上の画像のように、大人の腰につけると抱っこの補助になります。
こうすると大人は両手が使えるので楽になります!

わたしは、娘に離乳食を食べさせる時にかなり重宝しました。
子供を膝に乗せて離乳食をあげるのって結構しんどいですよね?

伸びてくる手を交わし、
見えにくい口元にご飯を運び、
膝から落ちそうになる我が子を手でガードし…(汗)
ああ、思い返すだけでしんどい。

ですが、
このキャリフリーチェアベルトを使うようになってからは、
子供が膝から落ちる心配もないし、
私も両手が空くので離乳食を食べさせやすくなって、
かなりストレスが減りました!

義実家に子供用の椅子がないので、
帰省したときにもよく使用していました。

マイナスポイント2つ

注意点

  • ①子供が嫌がる場合もある
  • ②背もたれ部分が狭い椅子に装着する場合、固定が難しい

デメリット2つについて説明しますね。

①子供が嫌がる場合もある

子供からしたら少々縛られる感じになるので、
じっとしているのが苦手な子や
よく動く子は嫌がるかもしれません。

②背もたれ部分が狭い椅子に装着する場合、固定が難しい

アジャスターが付いているので、
基本的にはしっかり固定できるのですが、
我が家の椅子のように背もたれの横幅が狭い椅子だとしっかり固定できない為、危険です。

f:id:hagichang:20190401233148j:plain
背もたれの幅が狭いとしっかり固定されず危険!

少しわかりにくいかもしれませんが、
写真のように下にずり落ちてしまって
固定することができません。

f:id:hagichang:20190402122849j:plain
この写真のように背もたれの横幅が
広い椅子のほうがしっかり固定できます。

装着方法を写真で解説!

大人の腰に装着する場合の手順を写真で解説します。
装着はとっても簡単ですよ〜!

f:id:hagichang:20190402121747j:plain
まず自分の腰に装着!

f:id:hagichang:20190402121735j:plain
横から見たらこんな感じ

f:id:hagichang:20190402121725j:plain
椅子に座り、子供を膝の上に乗せます

f:id:hagichang:20190402121715j:plain
両サイドのバックルを止めたら完了!

椅子に装着する場合も同じ手順です。

②ハサミ型フードカッター

このフードカッターは、
離乳食期から現在まで本当になくてはならないものです!
外出時、これを忘れた時の絶望感たるや。

麺を切るのはもちろん、野菜もお肉も切れるので子供への取り分けも楽です!
離乳食が始まった頃よりも離乳食完了期〜現在の幼児食期のほうが重宝しています。

ところで、フードカッターっていろんな形のものが売られていますよね。
100均でも買えるし、わたしも買うときにどれを選んだらいいのか迷いました。

そこで、わたしの思う『ハサミ型フードカッター』の良い点を挙げますのでぜひ参考にしてください!

おすすめポイント2つ

おすすめポイント2つ

  • ①スピーディーに切れてストレスなし!
  • ②分解できて衛生的

①スピーディーに切れてストレスなし!

一度にたくさんの量が切れるので、子どもを待たせることがなくて助かります。

ちなみに、唐揚げくらいの硬さのものはよく切れますが、
茹でたほうれん草みたいな柔らかくて筋のあるものはなかなか切れないです。

②分解できて衛生的

このフードカッターは、
分解できるのでしっかり洗えて衛生的です。
しかも分解も組み立てもとっても簡単!

f:id:hagichang:20190308222906j:plain
分解できるからしっかり洗える!

ですが、食洗機が使えないのが
マイナスポイントかな〜と思います。

③和光堂の栄養マルシェ

離乳食期の外食では、こちらのお弁当にかなりお世話になりました!
※持ち込みNGのお店もあるので、事前に調べておいたほうが良いと思います。

スプーン付きなので、帰ってからの洗い物も出なくてとってもありがたい!

直射日光は避けて保管しないといけませんが、長時間のお出かけの時は自作の弁当よりもこちらのほうが衛生面的にも安心です。

主食とおかずの2品が入っていて、娘もお気に入りでよく食べてくれました。
レンジで温めることもできますが、そのままでも食べられます!

ちなみにうちの娘はよく食べるので、BIGサイズを食べさせていました(笑)

まとめ

いかがでしたか?

気分転換したくて外食に行ったのに、
なかなかゆっくり食べられなくて逆に疲れた…
なんて経験がある方も多いと思います。

わたしも外食先ではいまだに気疲れします。
ですが、今回ご紹介したものを使うことで外食でのストレスは格段に減りました。

参考になると嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です