フリーランス

簡単5分で開業届が作成できる!開業freeeなら無料でミスなく完結

開業届を簡単作成!開業freee

「そろそろ開業しようかな…」と思っているけど重たい腰が上がらない…!という人は多いのでは?

いろいろ調べたけど結局何の書類が必要なの?という状態だった私でも、開業freeeを使ったらミスなく、5分程度で書類が用意できたよ!

開業freeeなら必要事項を入力するだけで簡単に、そして無料で!書類を作成することができるんです。

あまりに便利すぎたので、手順や実際に使ってみた感想をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 開業届を出したいけど、何から始めればいいのかわからない!という人
  • たくさん調べたけど、結局何を準備したらいいの?という人

\無料で開業届を作成しよう!/

開業freeeの公式ホームページへ

開業届とは?

開業届の写真
そもそも開業届って何?
これから個人で事業を始めます!」という意思表示のための書類だよ!税務署に提出するものだよ。 

開業届は事業を開始してから1ヶ月以内に税務署に提出することが推奨されていますが、遅れて提出しても罰則はありません。

でも、開業届を出すメリットがあるんです。たとえば…

  • 青色申告により節税ができる!
  • 屋号付の事業用口座が開設できる!
  • 保育園などの利用を申し込む際の就労証明書になる!
  • 事業用クレジットカードが持てる!
    などなど
わたしの場合は、幼稚園の預かり保育を利用するために開業したよ!
ちなみに…扶養内で働きたい人や収入が少ない人も開業届を出せるの?
出せるよ!開業届を出すか悩んでる方におすすめの記事はこちら!

\扶養の範囲内!収入少ないけど開業できる?/

開業freeeとは?

開業freeeトップ画面

開業freeeは簡単な質問に答えていくだけで、その人に合った書類を用意することができるサービス。

無料で使える上に5分程度でサクッと簡単に書類を用意できるので、是非是非使ってみて欲しいサービスです。

 \開業届を無料で作成しよう!/
開業freeeの公式ページへ

開業freeeで開業届を作成する手順

では実際に開業freeeで開業届の提出に必要な書類を作成する手順を見ていきましょう。

①事業の基本情報を入力

開業freee入力画面1

意外と迷った職業欄!

ライターやイラストを描いて収入を得ているわたしは「フリーランス」「デザイナー・クリエイター」を選びました。

開業freee入力画面

次に想定月収・どこで仕事をするか・従業員を雇う予定があるかを入力していきます。

  • 事業の開始日は「今日から事業を始める!」と決めた日でOK
  • わたしの場合は扶養内で働きたいので想定月収は約10万円と入力
  • 従業員を雇う予定はないので「今はない」にしました!

事業開始日は基本的にいつでもOKですが、注意点があります!

開業日より以前に開業のためにかかった費用を開業費として計上できます。プリンタなど必要なものを購入してから開業届を提出するのがおすすめ。
わたしはプリンターなどを購入したので開業費として計上したよ!

想定月収については大体でOK。青色申告65万円控除、10万円控除、白色申告のどれがおすすめなのかを出してくれます。

②屋号や個人情報を入力

  • 屋号はこの時点でつけなくてもOK。私の場合はペンネームの「月村おはぎ」にしました。
  • 収入(所得)の種類は「事業所得」にしました。
  • 確定申告の種類は「青色申告65万円控除」にしました。

青色申告をするためには、開業2ヶ月以内かその年の1月1日から3月15日の間に「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。

開業届と一緒に提出するのがおすすめ!開業freeeなら開業届と一緒に「青色申告承認申請書」も自動で作成してくれます!

③最寄りの税務署を確認する

印刷をする段階になったら、最寄りの税務署の地図が表示されます。

税務署ってどこ…?って方も安心ですね!

印刷した書類ですが、わたしの場合は以下の二つでした!

  • 開業・廃業等届出書(いわゆる開業届です)
  • 青色申告承認申請書

それぞれに原本と控えがそれぞれにあるので、書類は全部で4枚でした。

④印刷して税務署に提出しよう

開業freeeで印刷すると1枚目に書類の内訳やマイナンバーを記入箇所と押印する箇所が明記されています。

開業freee印刷したもの

印刷したらマイナンバーを記入して押印しましょう!

わたしは税務署に直接持ち込みましたが、郵送したい方は控えを送り返してもらうために返信用封筒を同封してくださいね。

控えは大切に保管しておきましょう。

まとめ

提出するまではあんなに悩んでいた開業届でしたが、開業freeeを使ったところ5分程度で完成してしまいました。

ちなみに税務署に提出した時も、ほんの5分ほどで手続きが終わりました!笑

初めての書類はドキドキするものですが、開業freeeを使えばミスなく自分に必要な書類だけを揃えることができるので本当におすすめ!

自分で準備するのは不安・・・という方は是非開業freeeを使ってみてください。

\無料で開業届を作成しよう!/

開業freeeの公式ホームページへ

ピンタレスト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です