育児

『人見知りママっ子なのは私のせい?』と自分を責めていた過去のわたしへ

人見知りママっ子の娘は1年前、

  • 支援センターに行っても大泣き!
  • ママ(わたし)から離れられない
  • じいじ・ばあばに人見知りして泣く


という状況でした。

転勤族で両実家とも遠く、日中は私と2人きり。
せっかく連れ出しても大泣きするから、外に連れて行きづらい。

転勤族だから、わたしが外に連れ出さないから人見知りママっ子になったのかも…

とわたし自身、かなり悩んだ時期がありました。

ですが、現在2歳の娘は、
支援センターでも泣かずに遊べるし、じいじばあばが抱っこしても泣きません。

子供が人見知りママっ子なのは自分のせいかも

と、自分を責めているママさんへ向けて、
『娘が2歳になった今だから思うこと』を書きます。

生後半年で転勤!支援センター通いを始めるも…

生後半年の娘を連れて、現在住んでいる四国へ転勤。

この慣れない地に“自分の居場所”がほしくて、引っ越してすぐ支援センター通いを始めました。

おはぎ
おはぎ
お友達、できたらいいなあ…

と、淡い期待を抱いていましたが、現実はそううまくはいきませんでした。

初めて支援センターに行った時は「転勤族ママの会」という企画がある日。

おはぎ
おはぎ
転勤族ママばっかりだから、きっとすぐ打ち解けるよね!

と思っていたのですが、いざ入室してみるとママさんたちは、すでにグループ化していました。

輪に入ろうと試みるも、これがなかなか難しい…!

しかも、人見知りママっ子の娘は入室するなり大泣き!あやすだけで精一杯でした。

支援センター初日はだいぶ疲れて帰宅したのですが、

おはぎ
おはぎ
まあ、最初からうまくいくわけないよね!

と、その後も支援センター通いを続けるのでした。

苦手な支援センター通いを続けた結果、知らない間に疲弊

おはぎ
おはぎ
せっかくこの地に来たんだから自分の居場所を作りたい!外に連れ出すのは娘のためにもいいはず!

という思いで、支援センターに通い続けていました。
しかし、

  • 人見知りママっ子の娘は支援センターでも泣いて遊べない。
  • その場ではママ同士で少し会話するけど、友達になれるほどお互いを知れるわけでもない。

そんな状況で支援センター通いを続けた結果、自分でも気付かない間に疲れきってしまっていました…。

『お母さんと2人っきりだから仕方ないね』が「呪い」の言葉に

無理な支援センター通いはいったんやめることにした私。

ですが、実母やおばに娘の人見知りについて話すと

『いつもお母さんと2人っきりだから仕方ないね』

と言われました。

もちろん、母もおばも悪気があって言ってるわけではないです。

でも、その言葉がわたしには

もっといろんな所に連れてってあげたほうがいいんじゃない?

というふうに聴こえてしまいました。

おはぎ
おはぎ
娘が人見知りママっ子なのは、私のせい?
わたしがいろんな所に連れてってないから?

今思えば、そんなに思い詰めなくていいのに!と思うのですが、
当時のわたしにとっては「呪い」のような言葉でした。

自分のペースで支援センターに行ってみることにしたら…

支援センターといったん距離を置いたものの、実母やおばからの
『お母さんと2人っきりだから仕方ない』が引っかかる私。

おはぎ
おはぎ
やっぱり少しは外に出た方がいいのかな?

と思い、無理をしない程度に、自分のペースで支援センターへ行くことにしました。

そして、久しぶりに行った支援センターで、あるママさんが声をかけてくれました。
人見知りママっ子なのはわたしのせい?

実はそのママさんは、人生初の支援センターの日「転勤族ママの会」で一度会ったことのある人でした。

子どもの誕生日が6日しか違わないということもあり、意気投合!

今では週に3日は会うほど仲良くなりました!
転勤先で友人ができるなんて、本当にラッキーだったと思います。

まとめ:娘が2歳になった今、思うこと

娘が2歳になった今、思うのは

子供の人見知りはその子の個性であって、
ママのせいなんかじゃない

ということです。

 

支援センターに行くと全く人見知りしない子にも出会います。

そんな子が早くから支援センター通いをしていたかというと、そうでもないということも多いです。

 

また、これはわたし自身が娘と接してきて感じてきたことなのですが、
人見知りがひどい子は

いろんな場所へ連れて行くのではなく、1つの場所に通い続ける

ことで早く慣れて、ママも自信がつき、ほかの場所にも挑戦しやすくなりますよ。

 

わたしの場合、友人ができたことで少し状況が変わっていきましたが、転勤先で友人をつくることは簡単ではないと思います。

 

もし、わたしと同じように、子供の人見知りで悩んでいるママさんがいたら、ご自分のことを責めないでほしいです。

 

わたしも自分のペースで、のんびりやっていこうと思います。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です